2010年10月15日金曜日

公団高島平団地

















東京都板橋区高島平
ツインコリダー数 : 5棟
形状区分 : 配管うにょ~ / ダストシュート有 / 渡り廊下型
供給区分 : 公団
築年代 : 昭和47年

高層住棟で構成されたものとしては、初めての都心型マンモス団地。
ここはツイコリ以外にも、素晴らしい高層住棟がたくさんあります。
もちろん、ツインコリダー的にも聖地なのであります!隊長!

まず、上の形状区分に「配管うにょ~」って書いてますが、
配管うにょ~って何なのよ!奥さん!そんな言い方認めませんわっ!

ま、まあ詰め寄らずに、落ち着いて次の写真を見てくださいね。

どーん。






















↑これですよ。配管がうにょ~。
何なんでしょう、このデススターの内部みたいなのは。
ドームみたいなのがありますね。
中でダースベイダーとルークスカイウォーカーが戦いそうです。
このSF的景観に、グッと来るわけですよ!























↑今度は上から見ました。
落下防止の金網が幾重にも張り巡らされています。
こんなに厳重なツイコリは、僕が知る限りではここだけです。
これはこれで、ブレードランナー的なそそられる景観なのであります。

もういっちょいきましょう。























↑た、たまらん!
このウニョ~な複雑な配管が、何度見てもたまりません。
縦の配管の下を横の配管がくぐったり乗り越えたりしてます。
ちょーかっこいい!としか言いようがありません。

わかっていただけましたでしょうか、奥さん。
いや別に、奥様向けのブログというわけじゃないですが、
そこはノリということで・・・。


















↑現役のダストシュートです。
昭和30年代物のレトロな侘び寂び漂うものとは違って、
メタリックです。70年代のR2D2的なSFテイストを感じます。
それが言いたかっただけです。

あと、注意看板の「捨」の字だけが赤いのも、
強調の仕方が微妙で好きです。























↑ツイコリの妻側です。
妻側って何?とよく訊かれますが、団地妻とは関係ありません。
まあ、側面のことです。
そのうち別ページで詳しく説明を試みる・・・かもしれません。

で、この妻側ですが、かっこいい!
縦に列をなす窓の、頑ななまでに装飾性を排除したストイックさ。
そして、渡り廊下の開口部にしつこく張り巡らされた、
落下防止用の柵も、設置当初は切実な事情がありましたが、
今となっては他にないデザイン、個性だと僕は思っています。

そして、住棟番号。
東京でよく見られる、2-33-7という3連番も心憎いですが、
これもやはりメタリックな質感が良いですね。
そして、数字の下の3本のラインがオサレ!
これがあるのとないのとでは、妻側全体の印象が違います。


















↑ツイコリ住棟上階から望む、高島平団地の景色。
緑あふれる素晴らしい団地なのです。

今回紹介した写真は、去年行ったときのものですが、
ここは近いうちに、もう一度行きたいと思います。

以上、公団高島平団地でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿