2010年10月30日土曜日

都営東雲二丁目アパート
















東京都江東区東雲
ツインコリダー数 : 2棟
形状区分 : 扇形 / 片面ピット
供給区分 : 都営
築年代 : 昭和50年

落ち着き払った佇まいの、良いツイコリですね。
悪いツイコリがあるんかい!と言われると、無い!と断言しますが。
でもこのツイコリ、普通じゃないところがあるんです。
まっ!奥さん!フツーじゃないんですって!
人は見かけによりませんものね、おほほほ。

ちょっと寄ってみましょう。
















↑シンプルな妻側ですよね。
うん、これはこれでイイ。高層の「団地」って感じがしますよね。

でも、ちょっと待ってください。
屋上のラインを見てください。
















 ↑ なんか傾斜してますね。
そう、壁面が中央に向かって傾斜してるんです。
ポイントが微妙すぎるわ!バーロー!
なんて言わないでくださいよ。
これが住棟の形状に大きく関わってるんです。

では、内部の吹き抜けを下から見上げてみましょう。























 ↑すてき!ブラボー!スパシーバ!
これはやられますよね。
そう、つまり扇形のツインコリダーなのです。
この形にするために、妻側の壁が傾斜していたわけです。


↑トレビアン!神々しい。
そのまま天に召されそうですよね。
見ていると、背中に羽根が生えてきそうな気がします。
天国に続くツインコリダー。
















↑無駄に遠近感がつきますね。
端っこの人はさぞ、エレベーターホールが遠くに感じられることでしょう。

次、さっきとは反対側の妻側を見てみましょう。
















↑かなりガードが堅い感じですね。
多い日も安心!全部受け止めてみせますわっ!
みたいな意気込みを感じます。

せっかくですから、ピットのお約束ビューも見てみましょう。
















↑うん。やっぱりこの眺めは好きです。
末広がりの縁起の良さも感じますが、やっぱりがっちり受け止める感じがすてきです。
がっちりマンデー。























↑そこはかとなく脚線美を感じます。
どこが脚線なのかと言うと、優美に並ぶ階段がです。
宝塚のレビューみたいな。

東雲というと、キャナルコートCODANとか、東雲二丁目第2(タワー)とか、
派手な綺麗どころが多いんですが、こっちも地味で渋めなのに萌えポイント満載でいいでしょ?

というわけで、都営東雲二丁目アパートでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿