2010年12月28日火曜日

公団泉北原山台一丁団地

















大阪府堺市南区原山台一丁
ツインコリダー数 : 2棟
形状区分 : 両面ピット / ヒートシンク型
供給区分 : 公団
築年代 : 昭和50年~平成2年
 (ツイコリ棟は特徴から推察するに、平成ではないと思われる)

泉北ニュータウンにあるツイコリです。
屋上の塔屋に、「5-3」という表示がありますが、
5年3組ではありません。
って、まさか全世帯に小学5年生の子供がいて、全員3組とか、
どんなけ巨大クラスなんだよ。
僕は5年1組でした。(どうでもいい)

5番地の3号棟という意味らしいです。
泉北ニュータウンの住棟番号の付け方の特徴らしいです。
郵便屋さん思いの心温まる優しい付番方法ですね。

さて、この泉北原山台一丁団地のツイコリですが、
ストイックに連続する凹凸ディティルが素晴らしいのです。

では、妻側から見てみましょう。















↑ストイック!
妻側壁面の両サイドに、バルコニーと廊下の床がはみ出していて、
独特の面倒くさい造形になっています。
パソコンの基盤上に付けるヒートシンクみたいに見えるので、
僕は勝手にヒートシンク型と呼んでいます。


















↑これがヒートシンク(電子部品の放熱器)。
いろんなタイプがあるけど、大体こんなイメージです。

それでは正面から見てみましょう。






















↑ねっ!ヒートシンクっぽいでしょう?
ピット中央のメタリックな感じも、それっぽくてすてき。


















↑エレベーターがかわいい!
柱にエレベータが埋め込まれてるみたいな感じ。

では、内部の吹き抜けを見てみましょう。























↑やはりストイック!
これでもかと、四角ばっかりです。
梁の間隔が均等じゃないのが良いです。


















↑連続性のもたらす静謐さ。
それに気づくとき、人は思わず息をのむのです。

って、何ポエティックになってんだよ。























↑2号棟と3号棟がツイコリです。
で、公団にしては珍しく、2つの棟が近接してるんですよね。

って、ことは・・・





















↑惜しいっ!実に惜しいっ!
スカイクロスビューにはならないんですよね、これが。
公団は住棟をズラして建てる性癖があるので、正対しないわけで。
しかし、これはこれでアシンメトリーな美しさがあります。























↑たまらん。何て面倒くさい造形なんだ!
リアス式海岸ばりの面倒くささ。
この面倒くささこそが、ヒートシンク型の真骨頂。


















↑凸凹を指でなぞりたくなります。
あー面倒くさい。
たまらん。


以上、ストイックなヒートシンク型ツイコリを擁する、
公団泉北原山台一丁団地でした。

2 件のコメント:

  1. ぴよかめらさん>
    駅の近くなので行きやすかったですw

    返信削除